FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

まずは

俺も早く動かなきゃ!

2011.05.14  おーた  編集

ボランティアお疲れさまでした。
私も何かできるかなぁ…、興味はあるけど動けていないですね。

2011.05.14  みゆき  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

はう とぅー ぼらんてぃあ

2011.05.14

category : 未分類

先週の日曜日。
前回のブログにも書きましたが、
東松島市へボランティアをしに行きました。

すぐにブログに感じた事やいろいろ書こうかと思ってましたが、帰ってみるとそういう気持ちに
あまりなりませんでした。

別に僕が書かなくても、ネットを通してある程度状況は把握できます。
まさにその通りの風景が広がっている事は間違いないです。
もちろん現地に行かなければ、感じる事ができない事はたくさんあります。


一つ確実な事は、まだまだボランティアが必要だとう事実を感じてきました。

そこで、行って来た状況よりもどうやって行くかを自分なりに書きたいと思います。

僕もそうでしたが、初めてのボランティアは行くまでが少し不安ですからね。


おそらくいろいろな参加の仕方があるのですが、
現地につてなどない人は、基本は自分の足でボランティアセンターに行けばボランティアできます。

ニーズはその地域でもかなり様々で、変わって行きます。
なので、まず行く前にここをチェックしてください。

宮城県災害ボランティアセンター
http://msv3151.c-bosai.jp/index.php

福島県災害ボランティアセンター
http://www.pref-f-svc.org/

岩手県災害ボランティアセンター
http://www.iwate-shakyo.or.jp/cgi/vc_news.cgi?f1=1305266891&f2=iv01

関東圏もあります。
茨城県災害ボランティア支援本部
http://www.ibaraki-welfare.or.jp/
http://twitter.com/ibashakyo

千葉県災害ボランティアセンター
http://chiba-saigai-vc.info/

 
名前がマスコミなどで良く出てくる被災地はボランティアも多いのですが、あまり知られていない名前だと
ボランティアが全く足りないところもあるそうです。

現に僕が行った東松島市では宮城県でも遅れているそうです。

仙台の仲間から聞いた話では、家族に若い人がいる家族は、泥出しなど2、3日がんばれば出来るそうですが、
やはり高齢者しかいない家庭は人手が必要です。
地域によっても家庭によっても差があります。


さて、まずは自分の行く場所をまず決めて下さい!!

次に日程を決めます。
ネットでそのボランティアセンターの情報を随時チェックしてください。
そして、その行く何日か前にセンターに電話で問い合わせて下さい。

後は、そこへ行くだけです!!

準備するものは行く場所や、やる事によって違うのでその場所に問い合わせてください。
僕は、長靴、ゴム手袋、雨具をドンキホーテで購入して持って行きました。(総額3000円 安い)

こちらに服装の情報が出ています。
装備は完璧に超した事はないと思います。
http://rsy-nagoya.com/rsy/common/pdf/suigai-manual.pdf

あとは、体力勝負です。
がんばりましょう!!

僕の場合は、朝8時仙台駅から無料のボランティアバスで東松島市へ行きました。

到着すると、5人一組になり(ほとんど全員ボランティア素人でした)要請のあったお宅へ振り分けられます。
スコップと土嚢袋を運搬用一輪車に乗っけて、歩いて振り分けられた家へ向かいます。
そこで、家の方の要望を聞いてお手伝いします。

仕事の合間に持ってきた、昼食をとって休んだり、現地の方とおしゃべりしたりして、
あっという間に過ぎて行きます。
午後3時くらいまで働いて、ボランティアセンターまで戻って,終わりです。

どれくらい汚れるかは場所によって違うので、着替えを持って行った方が良い場合もあります。

僕は大きい荷物は仙台駅のロッカーにいれて、必要最低限の荷物を持って行きました。
おそらくどこのセンターでも、自分の荷物は自分で管理なので、あまり多いと不便です。


そして、お土産は筋肉痛です。笑



こんな感じで1日のボランティアが終わりました。
ぼくが1日でやった事は、全体でみたらすごく小さな事でしたが、その一つの家庭でみたら、1週間くらいかかってしまう仕事をボランティアが入る事によって、1日で片付きます。

全然、1日でもいいと思います。お時間に余裕が有る方、行ってください!!

僕が一緒にやった女性の方は、夜行バスで横浜から来て、その日に夜行バスで帰っていました。
どんな形でも、良いと思います!!


ボランティアに行った家庭の方が、


「また何年か後に来て下さいね、今の時期ここはすごくいいとこなんですよ。
 今はこんな状態だけど、何年もかけてゆっくりやっていきますから。」

と最後に話していました。

一瞬にして、全てを流して行った津波ですが、
ここからまたゆっくりと復興して素晴らしい町を作っていくんですね。

その手助けをたとえ少しでも、時間をかけてやっていきたい。


明日はまた仙台でTAP the FUTUREのレッスンですが、ボランティアは行けません。
次の週は余裕があるかもしれないので、行けたら行こうと思っています。

がんばれ東北!!


おすすめイベント


【熊谷和徳TAP LIVE】

5月29日(日)@渋谷O-EASTでの熊谷和徳TAP Live!

熊谷和徳をはじめ、TAPPERSRIOTのメンバーが総出演!!

さらにSpecialなGuest山下洋輔・Olaibi・ラティールシー・DJ BAKUを迎え、繰り広げられるSESSION!!

熊谷和徳の新たな挑戦!KAZ BANDのSTART!

会場が一体となって全員で奏でるrhythm!

心揺さぶるstageをお見逃しなく!


http://shibuya-o.com/east/2011/05




Women In Tap Presents
『A Woman In Music』3回公演!!

6月4日(土)開場19:00 開演19:30
   5日(日)昼の部/開場14:30 開演15:00
   5日(日)夜の部/開場18:00 開演18:30

【会場】
神楽坂Session House
〒162-0805 東京都新宿区矢来町(やらいちょう)158
電話 03-3266-0461 FAX 03-3266-0772
HP http://www.session-house.net/

【チケット】
前売り3000円/当日3500 円  全席自由席
(中学生以下2000円/未就学児無料) 

【チケット予約】
mitsue.live@gmail.com
※イープラスからも購入いただけます!

【出演】
谷口翔有子/kuriko/yoshiko/Akkin/菅谷藍子/山本光恵/and more...

【音楽制作】
山本光恵 

【Movie&Photo】
goro ushijima a.k.a GAULOISeS

【総合演出/企画】
谷口翔有子

【問い合わせ】
womenintap@gmail.com

【公式HP】
http://www.womenintap.net/


スポンサーサイト

コメント

まずは

俺も早く動かなきゃ!

2011.05.14  おーた  編集

ボランティアお疲れさまでした。
私も何かできるかなぁ…、興味はあるけど動けていないですね。

2011.05.14  みゆき  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

takatap

Author:takatap
Takahiro Kobayashi

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

Copyright ©TAP DANCER 小林敬宏 TAKA Blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。